top of page

MEMBER

簡単にいうと、ヴォーカルとアコギの二人組。

★20230322hb-29.jpg

EMILY (エミリ)

ヴォーカル/作詞/作曲/MC

9月18日生まれ、高円寺生まれ高円寺育ち。

父が栃木県出身、母がアメリカ出身のハーフ。

趣味はホラー映画鑑賞。

「THE カラオケ★バトル」「家、ついて行ってイイですか?」「二軒目どうする?」など、個人としてもTVに出演。

​2021年公開予定の品川ヒロシ監督映画「リスタート」では主演女優としてスクリーンデビュー。

  • Twitter
  • Instagram
  • チクタク
ammm%5D_edited.jpg
KAWAGUCHI.jpg

KAWAGUCHI (カワグチ) 

ギター/作詞/作曲/編曲

3月5日生まれ、高円寺生まれ高円寺育ち。

​趣味は韓国ドラマ鑑賞。

HONEBONEの楽曲におけるアコースティックギターの他にも多様な楽器を演奏し楽曲制作を行う。

J-WAVE「FRUIT MARKET」のジングルや、品川ヒロシ監督映画「リスタート」の劇伴も手掛ける。

​劇団かもめんたるでは第3回公演から4年にわたり劇中音楽を担当。

  • Twitter
  • Instagram
  • SoundCloudが社会のアイコン
note.png

BIOGRAPHY

長めの歴史あり。

2014年結成、EMILY(エミリ/ヴォーカル)とKAWAGUCHI(カワグチ/ギター)の2人組。共に東京・高円寺出身。

アコギと歌の生々しいサウンド・歌詞・キャラクターが評判をよび、全国各地でライブ活動を展開。

 

2015年リリースの2nd Album『SKELETON』で、グループの基本スタイルを確立。

ネガティブな感情をメインテーマに楽曲を作り続け、以降2022年までに4枚のオリジナルアルバムをリリース。

 

2019年、EMILYが『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京)に出演、いじめ体験や持病について語ったことで全国的な認知を高める。

2020年にはインディーズグループとして超異例のNHK BSでのレギュラー番組『うたう旅~骨の髄まで届けます~』がスタート。

また、品川ヒロシ監督映画『リスタート』(2021年公開)にEMILYが主演として抜擢。HONEBONEとして劇中音楽・主題歌を担当する。

2021年には警視庁の依頼で自転車事故防止キャンペーンソング「自転車の正しい乗り方のうた」を制作。

2022年には読売ジャイアンツ・丸佳浩選手の入場曲「夜をこえて」を提供するなど、音楽シーンを飛び越えて活動中。

 

2023年11月4日、自身最大キャパシティの会場である恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブに挑戦する。

bottom of page